nikki_20240524「新房昭之『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年)6話まで」

 

魔法少女まどか☆マギカ」のテレビアニメシリーズを去年の9月末に6話まで見て止まっている。感想を書いた理由はふたつで、単に最近ここを更新できてないからと、これを書くことで再視聴するモチベーションを作ろうという目的がある。9月に実況形式でメモしていたものを補完しつつ書いてみるけれどなにせ半年前なので忘れている点が多く、見返しながらそういうシーンがあったのかと思い出す始末なので、間違っているところもあると思う。

 

1話
まどかの家が広く、やたら椅子が多いのはなぜ
母親の化粧品にいちいち数字がふってあるのはなぜ
母親が仕事に出るとき父と弟にはキスするのにまどかにはしていない?
主人公が謎の事態に巻き込まれて颯爽と助けられる1話はプリキュアを連想させるが、上で述べたような小さな違和感だったり敵の造形が不穏な印象がある

 

2話
きゅうべえが味方、暁美ほむらが悪者っぽくなっており、そう誘導するように話が進んでいる印象がある
マミさんの家は一人暮らしなのに椅子が3つあるのはなぜ
まどかの書いた魔法少女のイラストが出て来るが、目が塗りつぶされた黒い丸で怖い。edクレジットをみる限り悠木碧氏の絵らしいが、どういう指示で書いたのか気になる

 

3話
1,2話からEDを変えていることからもはっきりと2話まで釣って3話で落とす思惑がわかる。巴マミの死亡も流石に知ってはいたけど、しっかりフラグを立ててから殺していて本当に嫌だった。なんかこう「絶望しただろう」みたいに嘲笑われている感じでむかむかする。こういう明るいので釣って落とすみたいなの、いまは珍しくないけど放映当時は斬新だったのだろうか。鬱アニメを明るいアニメですみたいに紹介するのも嫌いだから、この展開も実際に見せられると腹が立った。

 

叶えられる願いに対してまどかは、何もできない自分がいる→魔法少女になるだけで他人の役に立てる→だからそれで願いは完結するという論理を言っていて、こういう思春期特有の自己肯定感の低さにつけ入っている感じも嫌だと思う(誰の何に対して嫌なのかはわからない)。

 

マミさんのキャラというか、明るく振舞いつつほむらに対してはちょっと声色が変わる二面性?みたいなのがよかった。でもほむらをリボンで縛り付けるのとかはちょっと怖い(と9月当時は書いていたがそもそも視聴者は何も知らないまま死亡シーンを見せられたのでちょっとどころの怖さではなかったと思う)。こんなの見せられたら嫌なのに、なお魔法少女を希望しているまどかは狂ってる。

 

4話
マミの死亡を目の当たりにしたまどかが「ここでやっぱりやめるなんて虫が良すぎるよね」というようなことを言っており、別にそうではないと思った。全体的にまどかは自分を責め過ぎだし(これはそのままあとでほむらが言っていてよかった)で、そういう極端に自分を責めているのをみると腹が立ってしまう。この点についてまどかのキャラ造形は優しすぎる、優しいのがいいみたいに当時賛否両論だったという話を(2024年の)最近どっかで読んだ気がするのだけど出典が思い出せない……。

 

まどかがマミの家をあとにしてほむらと歩く夕方のシーンの影がでかい。全体的に背景に対して人が小さいし、結果として人がすごいまばらな感じになっててなんなんだ

 

恭介が入院している病室に本がたくさんあるし、あとこれは5話で思ったけど病室にもいろんな椅子があって気になる。ぬゆり「命ばっかり」のMVを思い出す。

 

5話
ほむらとまどかがファーストフード店で話すシーン、コップの蓋の水滴の描写がやけにズームされるのよくわからないけど良い
どのシーンか忘れたけどきゅうべえの影がちゃんとあった。他人には見えない設定とどう関係しているのか気になる
まどかとさやかが歩いているシーンで車が4車線にまたがって同じ方向に並走していて笑った

 

6話
相変わらずまどかのピュアさが見ていてもどかしくも愛しくもある
杏子は口は悪いもののお菓子が好きだったりしてキャラとしてよい
最後の歩道橋もなかなか変なつくりになっていてすごく、全体的に街が物語のために作られてるみたいになってない?
ソウルジェムを歩道橋から投げ捨てるところでもなんでこんなひどい展開を続けるのかと思って見たくなくなった

 

アニメを見て無さすぎるので、何気に1話で完結せずに本当にひとつの大きな物語が12分割されているタイプのは初めて見たかもしれない。うそ、『Fate/stay night』があったけどそこまで印象には残っていない……。こういう暗い話だと次の話で救われるのか?という期待で次へ次へ見てしまうみたいなのはあるかもしれない。

 

抗いようのない運命で不幸になっていくのって本当にきつくて、災害に巻き込まれて死ぬ人を強制的に見させられてるような嫌さがある。でも元凶は別に悪意とかではないのかもしれず、マミの事故とか恭介の病気とか、(現時点で判断できる要素からは)根本にある原因は不条理である。きゅうべえも煽り口調っぽくて確かにイライラするんだけど、あれが悪いというより属しているシステム自体が不条理な感じがする。でも何かを切望している少女を狙ったり、目の前で傷つく仲間を見せたり、手口は狡猾で悪いなと思う。