nikki_20220630「涼しい朝」

 

 朝いちばんから人に発表を聴いてもらう機会があり、それから夕方までずっと予定を消化していた。帰ると17時半で、だらだら洗濯を干したりしたら19時になる。21時までだらだらしていたら気絶し、起きたら深夜1時だった。別にすごい悪いことを言われたわけでもないが、朝に人前で話しただけでエネルギーを消費して既に憔悴していた。いまも全身が延焼し続けてそんな感じで、1時に目覚めてから2時間ほど無為に天井を見たりしていた。とりあえず夜ごはんのパスタをレンジで茹でている間にこれを書いている。単に話した疲れだけではなく、ここに至るまでの緊張とかもどっと解消された感じなのかも

 

 要因として、あ‘‘つ‘‘い‘‘ということも考えられる。夏休みには「朝の涼しいうちに勉強をしましょう」みたいに言われていたことを思い出す。小学校のころに読んだはやみねかおる「名探偵夢水清志郎ノート」のある巻で、語り手が突然この「朝の涼しいうちに勉強をしましょう」というフレーズを突拍子もなく思い出すシーンがあった。別に伏線とかでもなかったのになぜか覚えている場面で、でもこういう無関係な連想という矛盾した行為にかえってリアリティを感じで印象に残っているのかもしれない。浄水場を見ていて子供の頃に食べたちくわの味を思い出すとか、そういうことはわりと日常にある。

 

 話は逸れたが、思ったのは朝って涼しくなくない!?ということだった。TLでも「朝の涼しいうちに通勤・通学して、日が暮れるころに帰るといい」みたいな言説を見て同意しかけたが、外に出て体感するとちょっと怪しくなった。8時とかの時点でかなり暑いし、本当に涼しいのは4~5時とかなんだろうけど、出勤する時間ではない。だから「涼しいうちに通勤通学」は無理だと思う。あと小学校のころといまの気象が異なることも考えた。朝の7時に近所の公園へラジオ体操をしにいっていたころは涼しい印象があったけど、あれは幻想だったのだろうか。ここで気温のグラフとかを調べだすとえらいのだけどえらくないのでしません。パスタもできたので。おやすみなさい。

 

 

 

nikki_20220629「無題」


 ここ数日はちょっと更新する日と書いている内容の時間がずれていて混乱していたので、こうして早く寝た方がいいのに書いている。時計のばねを巻き戻すような気持ちだ…。そもそも深夜に2日分まとめて書いている時点でえらい(当社比)。いままでだとこれで後回しにして、のちに4日分書いたりしていたので。

 

 きょうは書くこともなく、図書館に行きたかったのに朝7時から夜19時までずっと寝ていた。いま舌の裏に口内炎がある。寝て起きたら話さなければならない用事があるのに、口を動かして言葉を発するだけでちょっと痛いので困る。あとは暑くなってきた。深夜に数十キロ歩くのとか、適当な電車に乗って降りて歩くこととか、やったら楽しそうだなと思いを巡らしている。純粋に夏が好きではない(冬生まれ)ので、そういう目標を持たないとやっていけない。あと今年は妹が吹奏楽部にいることもあり、ちゃんとコンクールとか見に行きたいなと思っている。おやすみなさい。

 

かつて深夜に何時間か歩いて見に行った海

 

nikki_20220628「時系列攪乱」

 

 ややこしいので読み飛ばす人も多いであろう記述になるけど、「日付をまたいで、その前々日のことを書く」という現状になっている。つまりこれを書いているのは6/30の午前3時だが、書かねばならないのは2日前の6/28の内容である。寝るまでぼくにとっては6/29なので、実質前日のことを書いているに等しい。しかしこれを続けると混乱するもので、どうやらきのうの6/27の日記は、6/28にアイスを食べた体験を書いてしまったっぽい。つまりは溜めて時系列が混乱しているのである。長く日記を続けている人はあまり「この日に何をした」ということを書いていない気がするが、長く続けるとやはり日々のことを書くと時系列が混乱してくるのだろうか。もちろん「この日に何をした」がちゃんと書かれている日記もあるのだけど、そういう人は律儀に毎日更新している。ゆえに自信をもってその日の話ができるのだろう。僕はそれでも日記である以上ちゃんとその日のことは書きたいので、この日記を書いたらすぐに次の日のやつも書きます。おやすみなさい。

 

nikki_20220627「無題」

 

 起きたら14時くらいで、労働が始まっていた。急いで向かい、ほかの予定も済ませて帰る。神聖かまってちゃんの「フロントメモリー」を聴いたので、アイスを買って食べながら歩いたりした。もともと花譜氏が歌っていたのでなんとなく名前だけ知っていたのだけど、ちゃんと聴いたのは初めてだった。なんか暑い日の昼ってこんな感じだよねという気分になる曲だ…。あとやる気がないとか頑張れないというのも率直に自分のいまの感情に沿っているとおもう。しかし歌詞には8月が出てくるので、まだ6月のいまにこれを聴くのは早すぎる切り札だったかもしれない。駅で降りて田んぼで叫んだりしたいな僕も

 

 

 きのうのマシュマロ回答について所長から返答が来ていた。こんなことってあるんだ。何かしらここを通じてだれかの人生と交わる瞬間があったこと、うれしいです。扉を隔てて互いの声だけがときどき聴こえるようにお互いにどこかでぼちぼち更新していきましょう…。おやすみなさい。

 

open.spotify.com

 

nikki_20220626「マシュマロ回答_名前」


 この日は日曜、図書館に2日連続で行こうと思っていたのだけど暑さで断念した。疲れすぎてもいけないし、溜まっていることもこなしていくべきだという判断による。前日ちゃんと牛丼とか夜に食べたのにぜんぜん眠れず、作っている曲をずっといじったりして朝を迎えた。ぜんぜん夜に眠くならないのは本当に困る。結局起きたのは午後だったけど、詰んでいたことはこなせたのでよかった。調べ物は進まなかった。

 

 

 

 

 

  マシュマロがひとつ来ていたので返信します。ありがとうございます…!こちらも「もしよければ」(つけなくてもいいです)の気持ちで僭越ながら思いついたのを言ってみます。「両替機観測所」です。意味はありません。

 

 僕は名前を名乗ることを忌避している部分があり、それは名前を作ると社会的な顔や責任が増えるみたいな気がしているからですね。ゆえにゲームとかで名乗る名前も新しいのじゃなくて「遺失物届」とかにしておきたくもある。没個性的でありたいみたいな気持ちもあり、どこにでもあるものの名前だけど被るのは嫌(これは没個性というテーマに矛盾しているように見えるかもしれないが、同じ名前を名乗っている人と勘違いされたりするのを避けるため)という理由で遺失物届を名乗っています。

 

 ゆえに命名するのはましてや責任がすごいのでラフに考えました。本当につけなくてもいいですからね…。でも名前は思い通りにならないところに本質がある、というのは「名前が増えると責任が増える」みたいな自分の考えに通ずるものがある気がして面白いですね。名前を名乗ることは社会とか共同体のなかで生きるための必須の条件で、それはこちらが望まなくてもつけられて社会に取り込まれていく…みたいな不自由さというか。

 

 ところで小学校高学年~中学にかけて図書館に通い詰めていたころ、村上春樹氏が読者からの質問に答える本ばかり読んでいた時期があった。『「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』や『「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 』、『村上さんのところ』などなど。それ以外の作品はほぼ読んでいないのだけど、ある程度ドライかつユーモアのある回答や質問のユニークさが癖になって好きだった。おすすめです。そこでも頻繁にあったのは「ハンドルネームを考えてくれ」という質問で、そのたびに何とも言えない名前を付与する村上氏のことをちょっとだけ思い出していた。有名なものだと山中伸弥氏に「AB型の伊勢海老」という名前をあげたこともあったな。連続してたくさん命名できるのもひとつの才能なのかもしれない、とおもう。おやすみなさい。

 

nikki_20220625「無題」

 10時半くらいに起きて、ぐずぐずしてから1時に家を出た。目的地は図書館で、調べ物をするためである。この土日はこれをすると決めていたのであまり晴れやかな気分ではないのだけど、決まったことはやるほかない。5時間くらい滞在して、うち2時間くらいは寝たのだけど成果を得ることはできた。帰りにすき家を利用してみると、「スパイシートマチ牛丼」という期間限定メニューがあった。シンプルな牛丼と迷ったが、ちょっと興味があったので大盛680円を注文してみる。

 

 

 そのままトマトチーズカレーという趣かつ、ナッツが乗っていたりケールもあっておいしかったのだけど、すき家感がなかった。「ぼくらのすき家がおしゃれカフェになってしまった…」という感じ(そこまですき家は利用していない)で、夜ご飯にがつんと喰らうものではないだろう。そもそも普通の大盛が700円とか720円なのに、このトマチ牛丼は680円なのも不思議だった。期間限定メニューってお高めなイメージがあるからだ。だから「大盛と銘打っているけど実際はふつうの大盛より少ないのか…?」などと考えていた。

 

 とはいえ、700円も680円も大した差ではないといえばそうである。大盛自体が僕の「夜ご飯にガツンと食べる」に向いてないのかも、という教訓を得られた。だから800円とか900円かけても特盛にトッピングしたほうが楽しめるのだ、僕にとっては。ちなみに本当に足りなかったのでコンビニでおにぎりを買って食べたら牛丼と合わせて900円くらいになってしまった。「ふつうの牛丼にすればよかった」「やはり外食で夜ご飯を食べると1000円近くかかる」と後悔しつつ帰宅し、いろいろしていたら朝になった。おやすみなさい。

 

nikki_20220624「自炊日記2」

isitsutbustu-todoke.hatenablog.com


 前回は上記。自炊の成功例や失敗例についてだらだら書きます。

 

 

 


鶏チャーシュー

youtu.be

tuberecipe.com

 

 自炊をしている人はリュウジさんのおかげで生かされている、みたいな人がたくさんいるのではないだろうか。個人的にSNSでの発言など気になる点もあってアンチがいるのも分かるのだけど、レシピがおいしいのと問題は別だと考えているのでよく作る。これは今年のはじめくらいに知ってからずっと作っている鶏肉をつかったチャーシューです。むね肉でも、もも肉でもおいしくできる・材料も少なめ・分量も覚えやすい・火を使わない・作り置きできるなどの点から優秀できょうも作りました。普通のカップ麺・袋麺とかでもこれを添えるとちょっと豪華になる気がして、よくやるやつです。副産物的にできる汁だけでごはん1杯は余裕でいけるため、卵黄とのせて丼にすることもあり。

 

 

 

 

山形のだし

www.sirogohan.com

 安心と信頼の白ごはんドットコムによるもの。作っている人をみかけてやったらよかった。大雑把になす、きゅうり、大葉、しょうが、みょうが、とろろ昆布を細かく刻んでシンプルな調味料と混ぜただけのもの。いかにも身体にいい感じの薬膳(食べたことない)っぽい味がして、食べておくだけで健康になった気になれるのでおすすめです。基本的にごはんや豆腐にかけて食べたりした。これ、豆腐、鰹節、キムチ、塩昆布、わさびとかを全部ごはんにかけ、マヨネーズや醤油やらをかけ、混ぜて食べたら汚いけど満たされる食事ができてよかったです。

 

 

 


ミネストローネ

bazurecipe.com

 

tuberecipe.com

 

 またリュウジ氏だが、別にこのレシピに限定されたものではない。でも最終的にはおいしくてこれに収束した。冬あたりによく作っていた。雑に野菜を買って刻み、ぶち込んで煮る。業務スーパーとかだとトマト缶も安いし、これと雑にパスタソースとパスタを和えたやつとか食べたらそれっぽくなる。あと僕は缶の野菜ジュースを買いだめてちまちま飲むのだけど、トマト缶のかわりにそれで作ってもそれなりにいけたと記憶している。間違ってたら申し訳ないので自己責任でやってください

 

 

 


ホットケーキ

 これは実家にいるときから家族で食べるときは自分が作っていた定番の料理で、市販のミックスを混ぜて焼くもの。ポイントは牛乳と卵を先に混ぜておくことと、高い位置から生地を落として焼くといい感じに丸くなるあたりでしょうか。実家ではなぜか僕が焼いたときだけ上手くいくみたいな怪現象が起こっていたので、焼くのに慣れていたという次第がある。おやすみなさい。

 

これはかつて作ったチーズタッカルビ