nikki_20220123「オルタナなボカロ曲」

 

 きのうの日記で頑張ります!みたいなことを書いたけど、結局朝の6時から12時間くらい寝たのでした。お酒効果もあるだろうし、あとは単純に疲れていたのもありそう。日記を書く前にも寝ていて二度寝みたいになっており、合計で17時間くらい寝たことになる。寝て起きたらわりとすっきりしたが、それは表面上の解決に過ぎないのでひとつひとつ解決していこうねという気持ちになっている。スタァライトのオケコンは見送りそうだ…。失礼な話、ここまでの感染力なら登壇する人のなかで感染者がでてもおかしくないなと思っている。

 

 

 日々の話ばかりしても何もないが、起きてからもろもろを済ませ22時からレポート書くぞと心に決めて日記を書いている。この時点で22時を過ぎてはいますが。もう書き終えたら23時になった。

 

 

 

 

 ボカロPのはるふり氏が新曲を出していた。1年ほど曲とツイートが途絶えていたはるふり氏が突然に投稿したらしく、TLに流れてきたので聴いた。よかった。氏といえばUTAU(重音テト)を用いた力強いギターロック(おそらく本当にギターとベースとドラムしか用いていない)で好きなのだけど、それは今回も健在でありつつ1年ぶりらしい控えめな曲調と歌詞だった。前は投稿する告知をTwitterなどでしていたのに対し今回は突然で、それに対するコメントも本人は全くしていないためなんとなく不穏というか意味深なのだけど、健在でよかった。

 

nico.ms

 

 

 やはり僕はこのはるふり、いちた、石風呂、ナナホシ管弦楽団、n-buna、一二三、卯花ロク(敬称略)あたりのギターロック×ボカロ系統が好きだし、作曲する指向もなんだかんだそこに行きつくのだろうと思っていたりするがどうなんだろう。なおギターが本当に弾けないので、鋭意練習中ではある。もちろんまだまだいるし作家性だけでなく、曲単体でそういうものを作っている人もいて何曲か刺さるみたいなこともありがちである。これとか、、

 

 

nico.ms 

 

 

youtu.be

↑こむぎこ2000氏をこの2019年から知っていたことを密かに誇っている節がある

 


 さいきんそういう話を目にしたのだけど、やはりそこら辺の源流になっているのはハヌマーンの影響だと思われる。はるふり氏の曲を久しぶりに聴いて感じたのもやはりハヌマーン「ハイカラさんが通る」っぽさ(唯一知っている)だったし、ちゃんと聴かないとね…となっています。

 

 

youtu.be

 

 

 関連してニコニコには「オルタナティブミック」というオルタナティブロック系統のボカロにつけられるタグがある。このタグがあるとだいたい好きだし、上にあげたボカロPの曲の中にはそれに分類されているものが多数あると思う(しかしこれだとUTAUはヒットせずミクの曲しか出てこないのですが)。

 

 

 久しぶりにそれを振り返って再生数が多い順で並べてみたりしていたのだけど、主に再生数が少ないのかなという気づきがあった。有名どころだとこんにちは谷田さん(キタ二タツヤ)だったりが多かったので聴かねば、、と思った。だからそういう意味でいまキタ二氏がヒットしているのはすごいのだろう…。

 


 そういうオルタナなボカロ曲は殿堂入りしていないのが多いというか、たぶん大衆ウケするようなジャンルではないので奥の方でくすぶっているのだと思う。しかし、それがいまのツミキ氏だったりに影響を与えていることは否めなくて、陰の立役者的なところがある。そういうところも含め、オルタナティブロックとボカロというのは僕は好きなのだろう、、ということに小1時間くらい浸っていた時間がきょうはあった。

 

 

 ギター、見よう見まねでコードをじゃかじゃか引くだけのことを6年くらいやっているので「何年くらい弾いているか」みたいなことを聴かれたときに何も言えない。どれくらいをもって「弾いている」といえるかが分からないのだ。ただ詳しい奏法とか楽譜を読んだことが本当にないは本当によくないと思い、年が明けてからがけいおんのバンドスコアを買っていまは練習しています。おやすみなさい。

 

 

f:id:isitsutbustu_todoke:20220119035933j:plain

 

nikki_20220122「がんばります」


 きょうは1限対面集中講義という地獄だったわけだが、乗り切ったので夜に牛丼屋で大盛の牛丼をテイクアウトした。そこにごはんを自分で追加→メガ盛りにしてお酒と一緒に飲んでいたら半分で眠くなって寝てしまい、午前3時くらいにまた起きて食べて飲んでいま日記を書いている。

 

 きのう結構書いたので、もう書くことがないですね。明日(今日)1/23はほぼ予定がないので嬉しい。先週は土日ともにいろいろあったので、しかし書かなければならないものはある。なんとか頑張ります。おやすみなさい。

 

f:id:isitsutbustu_todoke:20220123055115j:plain

 

nikki_20220121「近況など/急いでもしょうがないじゃん」

 

 思い返すと複数の要因があり、それらで気分が沈んでいる。それらに対する所感を述べて近況報告みたいにします。日記自体近況報告的な意味があるし、別にエンタメで書いているわけでもないのでこういう日があってもいいよね、という…。

 

 

 

 スタァライトのブルーレイの在庫がないという話。いまテレビアニメを再視聴したりして劇場版を見たいモチベーションがすごいあるし、作ろうとしているもの的にも実物のブルーレイが欲しいところなのだけど在庫が本当にない。予約して買っておくべきだとは思うけど、金銭的に無理だった…。いまは多少いけるのではとなっているのだけど、時すでに遅しである。

 

 大阪のどこかに行けばある可能性はあるが、ご時世的にうろうろしたくないという気持ちもあり微妙である。いちおうアマゾンプライムでレンタル・購入ができるのだけどいずれ絶対にBDは買うので勿体ないなという気持ちで踏みとどまっている。

 

 関連して同コンテンツのオーケストラコンサートが2/6に幕張であるらしい。ブルーレイに同封されている何かしらで先行予約ができるらしいのだけど、そうでない一般販売もきょう始まっていた。どうやら即売り切れとはいかず、買おうと思えば買える状況なのだけどこれも微妙である。

 

 まず、もろに開催時期が期末レポートの提出タイミングと被っているんですね~。身の上的に試験とかはなく、とにかくレポートだけで評価されるのでひたすら書かねばならない。それと同じタイミングに開催されるというのは躊躇する要素になっている。あと、東京でこの時期にやるのも…となっている。開催を望む声が多いが、個人的には安心して行ける時期に延期してくれたら嬉しいですね…。生演奏であの曲の数々を聴きたい気持ちはすごいあって、それを楽しみにしていただけに迷っている。

 

 

 

 前述したようにすべきことが多い話。レポートも書かねばならないうえ、直近で作らないといけない曲もある。3月頃にボカコレもあるのでなんか頑張らないといけないのだけど、作曲のモチベーションがあまりなくなっている。まずいまは目前のmadもしないといけないのだけど、ブルーレイが入手できないので進捗が微妙になっています。しかもそれを終えたとて何か遠方へ旅行したり気軽に外出できない、スタァライトのコンサートもなんか状況が微妙なのもなかなか悔しくて、動機がないし先が見えない感じになっている。

 

 

 

 例のウイルスの話。ここまでの記述でコロナに敏感すぎでは?みたいに思った向きもあるかもしれないが、身近に感染した人が出たゆえである。家族とかではなく知っている人なのだけど、この日の日記で書いた新年会に同席していた人だ。幸いにも僕は濃厚接触者ではなかった(発症より2日前の出来事であるうえ、仮にこの日の時点で感染していた場合ほかにも感染者が出ているはずらしい)。

 

isitsutbustu-todoke.hatenablog.com

 

 のだけどそういうものに参加したことの浅はかさとか、脅威みたいなものを思い知ってげんなりしている。全く情報を仕入れていないわけではなく、感染力が強くて重症化はしにくいことは知っている。なので感染しても大丈夫だとしても、100%はないし周囲に迷惑をかけるので嫌なものは嫌である。今回は運が味方してくれたと思っているので、今後は自粛するか…となっています。この一報が入る前からそう思っていたが、改めて決心が強まった。

 

 遠方(広島)に住んでいる家族にもこのことは報告したのだけど、大して驚いていなかった。もう濃厚接触者がいて休んでいるみたいなのは日常茶飯事らしい。はえ~というか、そういう状況であり週末は家族一同ぐったりしているそうだ。大変だなというか、ここに来ていよいよ世も末だな……みたいな気持ちになっている。末法ってこのことだったのかな

 

 

 

 性格の話。1/22は他人の前で授業のシミュレーションをする機会があったのだけど、生徒に教える立場としては話し方が謙虚ですね~、みたいな指摘をされた。この指摘は「謙虚な人柄が現れてますね」みたいにポジティブに言われたのだけど、自信がなさげである表情が硬い等の指摘があり、他人の前で話し慣れていないことを思い知らされてしまった。

 

 具体的には書けないのだけど「〇〇してください」が言えなくて、「〇〇してもらえると嬉しいです」みたいな言い方になってしまう。いわゆる先生として物腰が低すぎるというか、本当にTwitterで流れてきたこのイラストみたいになっていた。

 

 

 他人と話すたび、この物腰の低さとか人柄の愚直さみたいなものは必ず言われる(自分で言うのもなんだが)。以前も人と会ったときに道端に交通事故のあった場所に献花されていた花束が遠くに飛ばされていて、横断歩道を引き返してまで返したことがある。自分でもなんでこんな倫理に従っているんだろうみたいな気持ちがそのときあった。これはよいことなのかもしれないが、社会に出るとそういうお人好しにつけこまれる可能性がかなりある。いまは関わる人が優しいことが多いので済んでいるが、そうもいかない場合が大半だと思う。

 

 実際、そういう物腰の低さで後輩に舐められたことが中学のときはあったな……。そのときから何も変わってないというかこれはなんとかしないと、と思う。だけど一度しみついた接し方ってなかなか取れないから難しいよねと逡巡するばかりである。

 

 

 

 こういうことが重なっていまいちすっきりしないのだけど、せめて何かしら本を1冊読むとか、アルバムを聴くとかして生活に芯を生み出すべきなのかなと思っている。

 

 いまは小説→樋口恭介編「異常論文」(あまり読んでない)、柞刈湯葉「人間たちの話」(短編集なのでまとまった時間に1編ずつ読んでいる)、随筆→二階堂奥歯「八本脚の蝶」(これを中心に読んでいる)、評論→「論理哲学論考」(解説の序盤で止まっている)、詩歌→「小笠原鳥類詩集」を読んでいます。同ジャンルで数冊同時並行で読むと混乱するので、違うジャンルで1冊ずつと決めているのですが流石にジャンルが多すぎて限界が来ている。考えものですね。

 

 以前に書いた「暇と退屈の倫理学」は数冊の本と一緒に「鞄に入りきらないのであとで送ってほしい」としておいたところ、家族が疲れていて送る元気もなく放置されているとのことで謝罪された。なので読めていない。絶望と仲良くなるしかないのかなとも思いつつ、いつまでもこんなことばかりじゃないだろうとなんとなく思っている。

 

 noteでやっていたときは日記の見出し画像みたいなものを固定していて、写真がないときはそれを入れていたのだけどこちらでもそれをしようかなと思っている。しかし去年と同じなのはなんか芸がないので、今後随時納得するまで変えていくと思います。きょうは下記のものにしてみる。

 

 なお、いまはお酒を飲んでいて酔いながら書いたのでした。あと最近は少女終末旅行の影響で「急いでもしょうがないじゃん」が口癖になっている。ことあるごとに言っている。回ってる地球の上で急いでもしょうがないじゃん。おやすみなさい。

 

f:id:isitsutbustu_todoke:20220123054655j:plain

 

nikki_20220120「スタァライト再視聴/日記のタイトル」

 

 深夜1時~朝6時くらいにかけて音madの手書きパートみたいなものに取り組んでいた。これは年末~正月くらいにかけてやってから気力が失せていたが、いつまでダラダラやってるんだということでスパートをかけることにしたのだった。絵を描きながらだと音楽を聴いたりしても気が散らないということを気づいたので、アニメを見ながら作業することにした。

 

 これによりスタァライトを再視聴し、9話まで見た。もともとmadのために見返す必要があると感じていたので、作業を兼ねることができてよい。初見のアニメでもいいのかもしれないけど、無理そうな気がしたので再視聴にした。日常系ならいけるかもしれないので、試してみてもいいのかもしれない。

 

 スタァライト再視聴、劇場版やロロロは数回見たのだけどアニメ全12話は2回目だった。当然ながら気づきみたいなものが多かった。前半はわりとお風呂シーンが多いとか、各人の性格が分かるエピソードややりとりが配置されていたり、単話としてまとまっている回と全体の物語が動く回のバランスが12話でちょうどよくまとまっているなとか、劇場版につながっているなと思う箇所があるなど、いろいろよいですね。1回目は徹夜で一気に見たので、ほぼ記憶がないのかもしれない。

 

 

 

 書くこともない感じなので日記の話をすると、はてなブログにおいては段落が長いと読みにくいなと感じている。そのため、書くとき頻繁に段落を変えるようになった。自分用のスクラップボックスではそこまでだが、ブログのために編集するときに段落の変更をよくしている。自分で日記はよく読み返す方なので、そのときのストレスもある。

 

 ブログのタイトルを「遺失物取扱所」にしたのはあまり意味はない。名前つながりなだけだし、前から個人で何かしら書くならこの名前にしようとうっすら思っていた。

 

 「遺失物センター」とかも考えたのだけど、横文字があるのはダサい気もしたので辞めた。しかし谷川俊太郎の詩やpeople in the boxの「新市街」には「遺失物センター」という言葉が出てくる。対して「遺失物取扱所」についてインターネットを調べると、Suck a Stew Dry のよく知らない曲が出てくる。聴いてみたけどよくあるという印象で、そこまで好きな感じではなかった。

 

 Twitterで調べると歌詞botが大量に出てくるので全部ブロックした。そうしたところでヒットするのは自分が共有したツイートだけではあるけど…。そんな感じでこれからもやります。おやすみなさい。

 

youtu.be

 

nikki_20220119「『幸いさ』から回文の評価を考える」

 

 この日は昼から労働をした。1週間の中核に予定があるとそれでかろうじて生きている実感というか、生活が過ぎていく実感ができるのでよい。ただそれが労働である必要はないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 共通テストに回文の話題が出たらしい。とはいえ「情報関係基礎」というよく知らない強化ではあるらしい。言葉遊びを趣味でやったりする身として、ここで出てきた「幸いさ」という概念が面白かったので考えたことを書いてみる。

 

 あくまでこのツイートで紹介されているページしか熟読していないので、問題文全体はさらっと目を通したに過ぎない。ただガタイイイタイガーガイタ」にいくつ回文が含まれるかを考えるなど、作問者が割と言葉遊びガチ勢なのではということをうかがわせる問題だった。

 

www.asahi.com

 

 

 

 ここで出ている「幸いさ」という尺度は、いわば普通の文章がどれだけ回文に近いかみたいなのを測るものであると個人的には解釈している。問題文中では「最小回文数」とされているが、「あ」とか「い」の1文字も回文とみなしたとき、文を構成する最小の回文の数で文字の長さを割ったものらしい。

 

 

 「トマトを食べる」なら「とまと・を・た・べ・る」なので最小回文数は5だし、文字の長さは7文字なので幸いさは7÷5=1.4になる。

 

 

 では回文にこの「幸いさ」を適用するとどうなるか考えたところ、回文になっている文字列を半分に割った時のこの「幸いさ」を考えたとき、幸いさが低ければ低いほど(個人的に)秀逸な回文になるのではないかと考えた。

 

 

・文字列の長さ…文字長
・連結する最も少ない回文の数…最小構成回文数
・「幸いさ」…S

 

 

 まず回文でない文字列についての指標なので、「S=(文字長)÷(最小回文数)」という定義上、回文を扱うと(最小回文数)=1になり、「(文字長)÷1」になって必然的に長ければ長い回文ほどSは向上する仕組みにある。

 

 

 試しに回文を折り返す半分の地点で分割し、その文字列の「幸いさ」を検証してみる。文字数が奇数の回文を半分に分割する場合、回文の真ん中の語を含むものと定義してみる。この半分に分割した文字列=「分割文字列」と定義してみる。

 

 

 「なるほど、『井戸掘るな』…」という回文について考える。なるほどいどほるな、なので「なるほど『い』どほるな」になりますね。すると分割文字列は「なるほどい」になり、これにおける最小単位の回文は「な・る・ほ・ど・い」にしかないので5÷5で分割文字列のSは「1」になる

 

 

 「『トマト食べたの?』『食べた、トマト。』」という回文について。「とまとたべたの」が分割文字列になる。これは「とまと・たべた・の」となり、7÷3≒2.3が分割文字列のSになる 

 

 

 分割文字列がさらに回文を含めば含むほど幸いさは向上するのである。つまり、分割文字列の中に「トマト」などのさらなる小さな回文を含めばふくむほど幸いさは向上する。これはもとの「幸いさ」の定義からも自明なことである。

 

 

 しかし、その原理で行くと「桃も桃も桃も桃も」という回文はも×12の文字列で、分割文字列は「も×6」となり、このSは6÷1で6になってしまう。

 

 

 回文の完成度として、分割した文字列にも回文を含まない方が自然なものになる気がする。ここは新しい定義として回文にのみ適用できるSSを考えてみる。SS=「(最小構成回文数)÷(分割文字列の文字長)」にする。つまり、幸いさの逆数であり回文においては分割した文字列である。

 

 

 すると「なるほどいどほるな」のSS=1、「トマト食べたの?『食べた、トマト。』」のSS≒0.43、「桃も桃も桃も桃も」のSS=約0.16になる。いい感じではある。

 

 

  しかし、これだと分割文字列に回文を含まない文の評価は必ず1になる。ゆえに、回文の長さも評価できるSSとSを合体させれば回文の評価基準ができそうではあるのかもしれない。文系数学の知識すら忘れかけているので分からないのと、もちろん文のスムーズさとか語感とか評価基準(芸術点?)はさらにあると思うけど、ありなのではと考えたりしていた。

 

 

 おやすみなさい。

 

nikki_20220118「見られている意識」

 

 この1週間(1.17~)は本当に腐りきっていて、何か悪いことがあったとかではないのだけど完全に昼夜逆転している。いまも20日の15時くらいに目覚め、布団から出たのは18時、ごはんを食べるなどした。それからこうしていま数日分の日記を書いている。

 

 この日も結局は正午くらいに起きた。その時点で予定を飛ばしていたし、本当は外出して授業を受けなければならなかったけどその気になれなくて家にいた。そもそも対面でやっていいの?な状況だと感じているので結果としてボイコットみたいになった。

 

 

 

 17と18日は夜にリハビリ的な作曲をした。試みにyoutubeで作る様子を配信しながらやってみたところ、何人か見てくださったようでありがたかった。登録して下さっている方は100人ほどいるわけだが、深夜にひっそりこういうのをやると見ず知らずの人がコメントしてくれたりする。その場限りのゆるい関係性みたいなものがあるのでよい。

 

 ただ日記にしろTwitterにしても人格を出し過ぎたくないというか、思念体みたいなものでありたいと思うので声とか出してぼそぼそ配信するのはなんか違う気もしている。人と交流したくないという意味ではなく、個を出し過ぎたくないというかなんというか

 

 作ったものは以下

 

youtu.be

 

 


 しかしカラオケだったり、ギターを弾いてみたり、そういうことを配信して「不特定の誰かが見聞きしている」みたいな状況には、なぜか安心を覚える節がある。これがスペースなどで誰が聴いているか把握出来たら、なんか違うなという気持ちだ(スペースをしたことはないけど)。この謎の安心はなんだろうか、気恥ずかしさよりも安心というか微弱な快感がある。

 

 これってTwitterでよく呟く理由にも似ているのかもしれない。誰に向かうでもない(実際はフォローしている人が見ているけど)言葉を投げてみて、場合によってはいいねがもらえる。もしもTwitterにおいていいね・リプライ・リツイートなどの反応する手段が一切消滅したとして、自分はTwitterを続けるだろうかという思考実験みたいなものをしてみる。たぶんするのかもしれない。ただやはり反応がないことの飢えは感じると思う。ではいまのTwitterのまま、フォロワー0の鍵垢で呟けるかと言われたらたぶんしない。やはり見られていることの適度な意識がなにかしらあるんだろう…。

 

 おやすみなさい。

 

nikki_20220117「日記のPV数など」

 

  日記のタイトル表記を変えた。以前は「日記_2022/1/17」のようにしていたが、「nikki_20220117」のようにした。ふつうに半角と全角を切り替えるのが面倒だったからである。スクラップボックスではもともとこうして書いていたので、いちいちタイトルにするときに変える面倒さもあった。なので打ち間違いとかではないです。念のため。

 

 関連して日記の総合PV数が100を超えていたらしい。ありがとうございます。他の人のはてなブログを見たりしてうすうす感じてはいたが、noteと異なって「スキ」などの反応がログインをしないとできないため、PV数が指標として重要になってくるのかもしれない。

 

 

 

 そんな解析だが、70%がTwitterかららしい。特に自分のような大して有名でもない人にとっては共有する重要性を感じた。そして、Twitterからよくアクセスされているページの1位が少女終末旅行の感想らしい…。割合的には多いが、実際の数値で言うとそこまでなのかもしれないな。しかし、それでも最も関心が多いのは事実である。この作品が有名というのもあるし、感想というのは需要があるのだろう。まあ需要があるからと言って答えるようなことはしないが、日記自体備忘録的な側面が強いので積極的に感想は書くと思う。どちらにしろありがたいのは確かなので重ねて感謝します…。

 

 この日は普通に起きたら午後で、それなりに予定を済ませて夕方に買い出しに行った。帰省していろいろ話したときに自炊の話にもなり、近所にある別のスーパーにも行った。夕方でも早めに行けば空いているし、すぐに帰ってこれるのでいいなと思った。

 

 世間ではウイルスがまた蔓延しているようで、大変だなという感想しかない。地元の広島なんかはかなり大変らしい。昨日の文フリ等はかなり前から決まっていた(それでも行くのに抵抗はあった)ので行ったが、以降はまた自粛したいなと思う。まあ作りたいものは複数あるので創作しろ本を読めということなのかもしれない。これを更新しているのが朝4時ということからも分かるように、生活がよろしくない。短く切り上げます。おやすみなさい。